沖縄本島のまだ南、八重山諸島の小さな小さな島竹富島。この島が好きになる理由、それは、忘れてしまった大切なものがこの島にはあるから。

竹富島のその他の紹介

詳しくご紹介できていない、竹富島のお宿・お店・場所などをここで一気に紹介します。
今度竹富島に行ったあかつきには、ここで紹介しているところのいい写真をいっぱい撮って、それぞれ個別のページを作れるぐらいにしたいと思っています。今のところは、これでご勘弁を。
メニュー
テイク・トゥー・ミー[竹富島]
竹富島のお宿
民宿泉屋さん
大浜荘さん
その他
竹富島のお店(見る・買う)
小物の店泉屋さん
南潮庵さん
その他
竹富島のお店(食べる)
たるりやさん
喫茶やらぼさん
たきどぅんさん
その他
竹富島の場所
西桟橋
なごみの塔
アイアル浜
ミーナ井戸
その他
竹富島の風景
竹富島の風景(1)
竹富島の風景(2)
竹富島の風景(3)
竹富島の風景(4)
竹富島の風景(5)

累計:
本日:
昨日:


お宿関係

民宿小浜荘さん(宿)

アットホームで人気のお宿です。常連さん多数。
民宿小浜荘さんのホームページはこちら

ヴィラ竹富さん(宿)

新しく出来たコテージのお宿。
聞くところによると、各部屋に風呂・トイレ・テレビ・無料エアコン・無料レンタル自転車などがあるそうです。
ヴィラ竹富さんのホームページはこちら

ジュテームさん(宿・観光など)

お安い宿泊料金が魅力。カヌーツアーなどもしてます。
ジュテームさんのホームページはこちら

お店関係

五香屋さん(陶器・陶芸教室など)

竹富の土で作った焼き物を売ってます。とってもおしゃれです。
また陶芸体験教室も開催しています。自分のデザインで世界にひとつのオリジナルシーサーを作ってはいかがですか?
五香屋さんのホームページはこちら

る山さん(お土産・フルーツなど)

お土産用の貝殻・アクセサリー・トロピカルフルーツが買えます。ほんとに安いです。
ぜひともパッションフルーツの美味しさを味わってみて下さい。外がブヨブヨになって「腐ってるんじゃなかろうか?」って思うぐらいまで待ってから食べて下さい。僕は美味さに感動すら覚えました。(タマゴより小さいぐらいの小粒なのを選ぶと美味しいかも?)

ちろりん村さん(食べる・音楽など)

港からなら、竹富小学校からンブフル展望台を越えてカイジ浜(今ならヴィラ竹富)方面へ向かう途中にあります。
常連さんの中には某有名グループのヴォーカリストも。
島で獲れた天然の貝をふんだんに使った料理など、料理は激旨です。
一晩中楽器が鳴り止まないことも。
とにかく楽しいお店です。

竹の子さん(食べる)

そば類はもちろんのこと、特製「味噌汁」が最高に美味い!
竹の子さんのオリジナルマップは見やすくて詳しいのでオススメです。A4サイズでプリントアウト可能。初めて竹富島に行くなら、ぜひ持参して下さい。
竹の子さんのホームページはこちら

パーラーぱいぬ島さん

1日中「沖縄系の音楽」がかかってます。ゆっくりできて食べ物がおいし〜。2004年に行ったら「たるりや」さんの向かいに場所が変わってました。常連さんはご注意を!

喫茶マキさん

ママさんがとってもいい人(らいいんです)。実はまだ行った事がないんですが、島のかなり人気のお店みたいです。ぜひ今度行った時には行きたいお店です。
ヘルパーさんたちよ、一緒に僕も誘ってくれ〜!

場所・観光・遊び関係

みさし

島の北に位置する僕らのお気に入りの海です。パッと見「泳げるの?」と思うのですが、3つの島の真ん中の島周りに一杯熱帯魚がいます。ソーセージ持参で行くとさらに良し。熱帯魚が群れで押し寄せてきます。干潮時にはほとんど歩いてリーフまで行けます。外海との境目は圧巻です。しかし、行く際には流されない事と、潮の満干時間にはくれぐれも注意して下さいね

コンドイビーチ

無料シャワー・トイレ完備の竹富島で一番有名な遠浅の綺麗なビーチです。入口正面ではなく、左手奥に行って下さい。何百メートルまで沖に行けるのかと思うくらい遠浅が続きます。小さいお子さんも安心です。
海水浴はもちろんのこと、夕方には夕日を眺めるのにもおすすめです。浜辺に反射する美しさは西桟橋では見ることができません。

カイジ浜

星砂のある砂浜です。今では星砂より猫が有名になってきてます。

新田観光さん(観光)

島の西側を回る水牛車観光です。
「れっつ、ごぉ〜〜〜!それっ、行けっ!」の声で水牛さんが歩き始めます。
途中でのおもしろい話や、三線を弾きながら「安里屋ユンタ」を歌ってくれます。(2003年は「竹富島で会いましょう」もやってくれてたんですが、2004年はやってませんでした。)
竹富島に行ったなら一度は乗ってみましょう。

また、新田観光さんの敷地の中に、お土産屋さん「あかばな」があります。
ポストカードやアクセサリー、CD、南朝庵さんの携帯ストラップなどもあります。縄文そばもこちらで買えます。
新田観光さんのホームページはこちら

南西観光さん(観光・シュノーケリング他)

竹富島の海を満喫できるシュノーケリングツアーが大人気。大きなヨットに乗って絶好のシュノーケリングポイントに連れて行ってくれます。初心者でも安心してシュノーケリングが楽しめるように、ライフジャケット、シュノーケルセットも無料で貸してくれます。サンゴと熱帯魚であふれる竹富の海をぜひとも堪能して下さい。
「シュノーケリングはチョット怖い」と思われる方は、グラスボートでシュノーケリングと同じ体験をさせてくれます。
きっと忘れられない思い出になりますよ。
南西観光さんのホームページはこちら

水牛車観光さん(観光)

島の東側を回る水牛車観光です。
もちろん楽しい水牛車観光をしてくれるのですが、こちらに隣接しているお店では、三線などの楽器をはじめ、泳げないのに忘れちゃった浮き輪なんかも売ってます。
水牛車観光さんのホームページはこちら

新ビジターセンター

2004年初秋に行った時に竹富港からすぐの所に「竹富ゆがふ館」なる新ビジターセンターがオープンしていました。
とっても立派な造りでビックリしました。
中では、竹富島の歴史などが勉強できます。
竹富島ビジターセンターのホームページはこちら
Copyright (c) TakeToMe 2004-2013